2017年08月22日 18:00  カテゴリ:お米のことカテゴリ:地域コミュニティー

在り続けるを考える




まいど!

ダンボール箱を抱えて階段を下りていて

もう一段あると思ったら無くて

吉本新喜劇のように上手にコケル事が出来た

見習い芸人

もとい!

米屋の二代目でございます。


あれ怖いですね。

一瞬無重力を感じます(笑)

上りのパターンも怖いっす。


今日、岡崎駅に行く用事がありまして

階段を下りて見上げた空に立派なオカザえもん!

ちゃうわ!

立派な入道雲が沸き上がっていました。

久しぶりにこんなに大きな入道雲を見ました。

夕立が来ますかね?






さて、夏休みも終盤ですね。

今日は当店では珍しく、お店の前に入店待ちの車列が出来まして。

言っても3台ですけど(笑)

小さな店なので、親子3代でご来店くださると満員御礼。

それでもお待ちくださるお気持ちが嬉しいのです。


親子3代のお客様。

お孫さんを連れて英国から帰省されていて

「明日戻るからお米を持って行きたくて」

と5Kgで2種類お買い上げ下さいました。

一つは「山形猪野ファームの夢ごこち」

一つは「佐賀白石の新米コシヒカリ」

お母様も新米コシヒカリをお持ち帰りに。



小学生の男の子に店頭精米機で

玄米から白米になる様子をみてもらい

糠からぬか漬け作れることを話すと

「発酵食品は体に良いんだよね?
発酵は菌が・・・」

すごいな!

エゲレスではどんな教育受けているんだろう?

ってとても気になりました。

興味を持たせた教育しないと

こんなに咄嗟に出て来ませんよね。

タマネギ1個サービスしちゃいました。


次のお客様は親子2代。

「お母さんはここのお米を食べて大きくなったんだよ。」

小さな女の子に話しかけています。

「お米はお米屋さん。野菜は八百屋さんで買うんだよね。」

って。

自営業を続けていくのはとても難しい時代だけど

当店とちゃんと向き合ってご来店くださるお客様のためにも

もうしばらく頑張らなきゃな!って思います。



これから秋に向けて新米が続々入荷して来ます。

お米屋さんも何かと細々した作業が増えていきます。


【六名米穀店】
25年産米から特別栽培米の取り扱いを拡充致しました。
5Kgからの宅配も行っております。
玄米での販売、店頭での分づき精米も行っております。
詳しくはホームページをご覧ください

株式会社 六名米穀店
愛知県岡崎市六名3丁目4番地11
TEL:(0564)52-7215
定休日:日曜日
営業時間:午前8時~午後7時(配達は午後6時まで)
同じカテゴリー(お米のこと)の記事画像
続・続・隠岐の島潜入ルポ
続・隠岐の島潜入ルポ
隠岐の島潜入ルポ
お米屋さんと農家さん
TOKYO HARVEST ②
持ち込み精米について
同じカテゴリー(お米のこと)の記事
 続・続・隠岐の島潜入ルポ (2018-09-13 12:00)
 続・隠岐の島潜入ルポ (2018-09-12 19:05)
 隠岐の島潜入ルポ (2018-09-11 17:28)
 お米屋さんと農家さん (2018-03-21 17:56)
 TOKYO HARVEST ② (2017-11-18 18:17)
 持ち込み精米について (2017-09-05 17:57)

Posted by 配達する米屋 六名米穀店