ブーログ › 三河・岡崎 配達するお米マイスターブログ - 六名米穀店 › その他 › 

やっぱりどこかで線引きしないとね

2017年07月11日 17:27  カテゴリ:その他

やっぱりどこかで線引きしないとね





まいど!

低温倉庫から外に一歩踏み出した途端に

フッと意識を持っていかれる米屋の二代目でございます。


先日9日の日曜日に岡崎康生にある

「ここでやるZONE」で開催されたイベントに参加して来ました。


【 船橋康貴さん(ハニーファームのハニーさん)による『蜂育』 】


以前からテレビ報道などで「ミツバチの大量突然死」
が気になっていました。

「原因は特定できない」という論調がほとんどですが
そこには幾つかの要因が考えられています。


お米を扱っていると必然的に自然環境や農薬が与える影響について
考える機会が多くなります。


佐渡朱鷺と暮らす郷

但馬コウノトリ育む米

宮城環境保全米

など、北海道から九州まで

全国のお米の生産現場でも
環境や生物との共生に対する危惧は
共通の認識として捉えられています。

そこで珍しく日曜日のイベント

予定も無かったのでお話を伺ってきました。





お話の内容は極めて深刻で

親から受け継いだ80箱の巣箱が
20箱まで激減している九州のお知り合いの養蜂家さんもおられるのだとか。

原因の一つとして考えられているのが

地球の温暖化。

ミツバチなどの昆虫は本来
寒い冬の間はなるべくエネルギーの消費を抑えるために
余計な動きはせず、じっと寒さに耐え越冬する生き物。

それが暖冬傾向が強くなり

春の始まりと勘違いした蜂が
ウロウロしはじめる。

余分なエネルギーを使ってしまうんです。

温暖化による影響は多方面に出ていて
ブログで書くには無理がありますので

機会がありましたら

ハニーさんのお話、聞いてみてください。


自分にできること。

自分がコントロールできる

小さな一歩。

始めてみようと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7/12 追記(CNNより)

第六の絶滅期







【六名米穀店】
25年産米から特別栽培米の取り扱いを拡充致しました。
5Kgからの宅配も行っております。
玄米での販売、店頭での分づき精米も行っております。
詳しくはホームページをご覧ください

株式会社 六名米穀店
愛知県岡崎市六名3丁目4番地11
TEL:(0564)52-7215
定休日:日曜日
営業時間:午前8時~午後7時(配達は午後6時まで)
同じカテゴリー(その他)の記事画像
続・続・隠岐の島潜入ルポ
続・隠岐の島潜入ルポ
隠岐の島潜入ルポ
TOKYO HARVEST ②
TOKYO HARVEST
思ってたんとちがう
同じカテゴリー(その他)の記事
 続・続・隠岐の島潜入ルポ (2018-09-13 12:00)
 続・隠岐の島潜入ルポ (2018-09-12 19:05)
 隠岐の島潜入ルポ (2018-09-11 17:28)
 TOKYO HARVEST ② (2017-11-18 18:17)
 TOKYO HARVEST (2017-11-18 17:38)
 思ってたんとちがう (2017-07-19 17:32)

Posted by 配達する米屋 六名米穀店