2018年09月13日 12:00  カテゴリ:お米のことカテゴリ:その他

続・続・隠岐の島潜入ルポ




ジジイの朝は早い!
と言っても昨夜の宴の後なので
6時を少し回ったところのホテルの部屋から見える西郷港。

雨です、今日も。

でも朝からワクワクしています。

9時に迎えに来て下さるとの事で
7時の朝食を済ませ港へ行ってみた。



まるで、駅の送迎レーンのように車が横付けされ
フェリーに乗り込んでいく人たち。
普通のことなんだよね。

9時。チェックを済ませたところに
昨日の二人が迎えにきてくださいました。

もう好きにしてハート
の、お任せ状態です。

沢山回って下さった中から抜粋して

「杉」を。
有名な3本の杉。
帰宅してから写真を見て、あることに気づいたんです。
すべての杉がジブリ作品に描かれているような。
なんかね。
そう思えるのが不思議なんです。


隠岐の島町には樹齢800年や1,000年を超す
杉の巨木があります。


①「玉若酢命神社」の『八百杉』

国の天然記念物に指定されています。


大きい!
少し引いてみると、トトロに出てくる
めいとさつきが、傘を持って
「芽が出ろ!芽が出ろ!」
と踊った後に育った大きな木に見えませんか?


目をつぶって耳を澄ますと
木のテッペンでトトロが吹くオカリナの音が聴こえて来そうです。

②かぶら杉
樹齢600年と伝わる根本付近から6本の幹に分かれている巨木。
雨がひどかったので車内からの撮影でしたが
なぜか木にピンスポがあたっているいるように見えます。

そして、この木が何に見えたのか。
そう、天空の城を守っていた「ロボット兵」
見えないですか?
天空の城から落ちてきた姿に。



③岩倉の乳房杉(ちちすぎ)
樹齢は800年と言われています。
主幹は15本に分岐し、その分岐した部分から
大小24個の乳房状の根が垂れ下がっています。

私には乳房というよりも牛の頭に見えます。
そして、この木を含めた回りの雰囲気が
もののけ姫の「シシ神の森」に見えます。
そう思うと牛の頭に見えていたところが
「ヤックル」にも見える。
今もどこかで「サン」が生きているような深い森。



因みに、隠岐の島には熊、猿、鹿、猪などの野生動物はいないので
田畑の害獣被害はほとんど無いそうです。

まだまだ見せたい隠岐がありますので
この先は、またの機会にウィンク
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2018年09月12日 19:05  カテゴリ:お米のことカテゴリ:その他

続・隠岐の島潜入ルポ




隠岐の山々は人々を拒むかのように深く
降り注いだ雨は一気に海へ流れるため
険しい谷を作り上げている。
人の手が入らないゆえに緑濃く
木々の一本一本が大きい。
神々の住まう山である。


宿泊先に予約を入れて頂いたホテル。
「隠岐ビューポートホテル」
西郷港のフェリー乗り場と直結しているので
フェリーから下道を通らずにチェックインできる。

という事を翌朝の散歩で知った。
飛行機で来たからね。

晩御飯をホテル近くのお店で頂きました。
同席者の職員さんの許可を取っていないので
画像は割愛させて頂きます。
のどぐろの刺身を初めて食べました。
私はご飯が無いと落ち着かない質でして
「いきなり?」
という周りの声を無視して頼んだのが
「あかもく雑炊」
ネバネバ系の赤い海藻。
もずくより細いです。

程よくおなかが落ち着いたところで
「次行きますよ」
と案内されたのが
「ザ・アジト」的な会場汗




ありのままの地元の中にいきなり投入されるって。
嬉しくなりますね。
変な壺でも買わされそうな雰囲気は一切ないし(笑)

いろいろ解説したいけど
長くなるので
どんな事があったかは
画像からご想像ください笑える

気が付けばシンデレラタイム。
話は尽きず、名残惜しいのですが
お開きとなりました。

=つづく=
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2018年09月11日 17:28  カテゴリ:お米のことカテゴリ:地域コミュニティーカテゴリ:その他

隠岐の島潜入ルポ




音符夜空を~ただ さまようだけ~
星屑の間を揺れながら
二人の~夢 憧れを
いつまでも ずっと 思い出に~

まいど!
最近、玉置浩二と杉山清貴の曲が
妙にしっくり来ている米屋の二代目でございます。
(この曲は玉置浩二と井上陽水のデュエット曲ですね。)


お米の生育期に雨が降らず、収穫期に雨と地震。
少しネガティブな心持ちになっていたのですが
4ヵ月前から予定していたことなので
行ってきました。
「隠岐の島」 

隠岐の島とひとくくりで呼ばれていますが
四つの島の総称です。

その中の一つ。
当店で取り扱いのあるお米の産地。
「島の香り 隠岐厳選藻塩米 ジオ」
を作っている島。
島後(どうご)と呼ばれている、隠岐の島町を訪ねました。




岡崎から名古屋⇒新大阪⇒大阪空港⇒隠岐世界ジオパーク空港。
名古屋を10時の新幹線で出て、隠岐に14時半くらいに到着。




到着した機内からも分かる。
小雨ムーチョの中を傘もささず
北海道のJA新すながわ特製「ゆめぴりかTシャツ」を着た人。
機内でひとりニソニソ顔になってしまう。

今回産地の案内をしてくださったのは
JAしまね 隠岐地区本部 経済部部長 広兼さんと
藻塩米の生産者 村上さん。
久し振りにお会いしたという気が全くしない。

早速その足で圃場へ直行です。



あいにくの雨、そして雨、雨、雨。
刈り取りの稲わらの香りも期待していたのですが
雨天は雨天で刈られる前の「コシヒカリ」稲穂が妙にしお(塩)らしく見えて(笑)




近くには「きぬむすめ」の圃場。
こちらはもう少し先ですね。

その後乾燥施設や低温倉庫などを見せて頂き
チェックインをしに一旦ホテルへ。

=つづく=

  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店