2016年03月15日 23:01  カテゴリ:糠の利用法

米ぬかお好み焼き





まいど!

余りにも足裏にフィットし過ぎたサンダルを買ったため

歩くたびに

「プヒッ!プヒッ!」

っと、恐らく近くの人は勘違いしているであろう

音を立てながら歩いている

米屋の二代目でございます。




この先広げる気はございません。


さて『米ぬか』のお話し。


お米の胚芽の部分には

「植物性ステロール」

が多く含まれています。

ステロール?

ステロールとは脂質で、

細胞膜の構成成分です。



植物性と動物性があり

動物性のステロールを

「コレステロール」と呼び

植物性のものを

「植物性ステロール」

と呼んで分けています。


コレステロールが体に吸収されるのに対し

植物性ステロールは、ほとんど吸収されません。

植物性ステロールがコレステロールの運び役である

「ミセル」に入り込むことで

コレステロールが体内に吸収されることを防ぎます。

【このことが多くのお米屋さんが玄米食や分搗き米を勧める大きな理由です】


特に、コレステロールを下げる効果については

臨床試験も行われており

特保を受けるサプリメントもあるほどです。




で!米ぬかなんです!

米ぬかには、精米時に取り除かれた

『胚芽』が多量に含まれており

その胚芽にこそ

「植物性ステロール」

が含まれているのです。


簡単に料理に活用することで

サプリメント効果も期待できるのが

米ぬかなんです。



お好み焼きの場合は超簡単!

薄力粉と米ぬかを半々で使うだけ!

そのほかは普通にお好み焼きを作るのと同じです。

次回の通信に、レシピを書いてお渡しいたします。

一度試してみてくださいね。
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店