2017年06月14日 10:10  カテゴリ:地域コミュニティーカテゴリ:禾穀(雑穀)

【茅の輪くぐり】って知ってます?



(写真はギフト用パッケージです。包装代が別途必要になります)

まいど!

春から夏に向かう季節の中で

低温倉庫の行き来で早くもクーラー病にかかり始めている
米屋の二代目でございます。

ぼやぼやしている間に今年も六月

来週は夏至!って時期になっています。

時間に流されているつもりはないのですが

一つ一つの難関に立ち向かっていると

一日があっという間で

ひと月があっという間で

・・・完全に漂流してますやん笑顔汗


さて、来週が夏至という事は

月末は「夏越しの祓」です。

なんじゃそりゃ?って人も多いんじゃないかな?

新年の初詣以降、神社に参拝しな人も多いですからね。

夏越しの祓(なごしのはらえ)

「その年の上半期(1月~6月)の罪穢れを祓い清め、清々しくたちかえることを願う
古来から続く神事です。」
(伊賀八幡宮HPより)

毎年1年の半分を過ぎた6月30日に行われています。

(1年の罪穢れを祓い清めるのが「年越しの大祓」です)


神社に行くと「茅の輪(ちのわ)」という

茅の葉で作られた大きな輪が置かれています。

茅の輪をくぐり、夏の諸災難を防ぎ除いて、無病息災を願う神事です。
夏病み暑気祓いの、極めて伝統的な習俗です。
(伊賀八幡宮HPより)

全国で行われている習俗ですね。

茅の輪のくぐり方にも作法がありますので

説明書きを読んでからくぐってくださいね。



米屋の業界でも

「夏越しのごはん」を提案しています。

提案しているお米の種類はお米屋さんによって違います。

それぞれのお米屋さんの個性が出るので面白いです。

当店は長野県中野市産の「風さやか」をお勧めしています。




飽きの来ない、個人的にも大好きなお米です。

このお米に雑穀を混ぜ

「医食同源」の言葉通り

1年の後半を心身共に健やかに過ごせるように

食から元気にしていこう!という提案です。


数年前から始めましたが

これを機に雑穀に興味を持たれるお客様も増えました。

美味しくないと続きませんからね。

自分に合った雑穀を探してみてください。






= 岡崎市内で行われている夏越しの祓 =

伊賀八幡宮

六所神社

能見神明宮

上地八幡宮

岩津天神

御朱印帳をお忘れなくウィンク

  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2016年05月18日 18:15  カテゴリ:禾穀(雑穀)

勉強とは興味をもつこと





まいど!

ブログを書き込むためにPCと向き合う時間が持てず

いや、持てずというより気力が失せていた

お待ちどうさま。

米屋の二代目でございます。




連休明け、お陰さまで忙しくさせて頂いておりました。


さて、

去る、5月11日、12日の二日間

西武岡崎店において【美と健康】フェアが開催され

私も2日間、雑穀を販売させて頂きました。



慣れない仕事で足はドンドン?

違った!

パンパンでしたが

いろんな視点から「販売」という事に向き合う機会をいただけた事に

感謝しております。



いろんな商品が並べられていて勉強になりました。

一緒に販売している方たちとのご縁もいただきました。


何より嬉しかったのは

「ブログ読んでますよ。最近サボってるよね?」

「FB見て来ました。」

「IG見て来ました」

など、SNSで発信していることに反応して下さった方々から

お声がけをいただいたこと。

二つほど離れた市からわざわざ起こし下さったり。

ありがたいですね。



で!

【美と健康】

何かと「糖質」くくりで悪者みたいに言われる

「お米(ごはん)」ですが

自分の生活スタイルに合った食生活と知識があれば

「炭水化物抜き」とか極端な発想にはならないんです。

一緒に販売されていたほかの販売員さんたちも

そのことは強調して仰っていました。

「偏ることは危険なこと」



私がブレンドする雑穀というものは

主に麦(大麦)を中心としています。

それは、ご飯を食べたときの

血糖値の上昇を緩やかにする働きがあるからです。

大麦には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」が

バランスよく含まれています。

「水溶性食物繊維」は、体内に入ると

粘度を持ったゼリー状になり

急激な血糖値の上昇を抑える効果があります。


「不溶性食物繊維」は

水や酵素がデンプンに入り込むのを

物理的に遅らせ、消化が遅くなる効果があります。


お米のデンプンはブドウ糖になり

筋肉や脳へ送られる大事な栄養素。

糖質は

「摂らない」

んじゃなく

「コントロールすること」

が、肉体労働の減った現代人の

賢い選択だと、私は考えます。
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2015年10月24日 12:32  カテゴリ:禾穀(雑穀)

緑米





まいど!

来月の消防行事の多さに

早くも憂鬱になっている

米屋の二代目でございます



憂鬱に気を取られていれないほどの忙しさ

文字通り「心を亡くしそうです」



そんな状態で朝の配達を終え

店に戻ってみると

『緑米』が届いていました


『緑米』です『み・ど・り』です


脱穀してみます






緑米は「古代米」と呼ばれるお米の一種

脱穀した状態

つまり玄米の状態で食します


古代米にはほかに

「黒米」や「赤米」などがあります

主に薬膳料理に使われたりしますね



緑米の緑色は

色素であるポリフェノールの一つ

「カテキン」

そう緑茶と同じ成分です



探していたんです

産地を


花屋さんをしている友人が

「リースに使う緑米を作っている人に聞いてみる」

って

ずっと前のこと


覚えていてくれたんだと思うと

とても嬉しくなります


禾穀として使うには少ないので

ディスプレーにしたいと思います

(あ、自分は雑穀とは言いません)



花屋さんの名前は

「一期一会」

豊川にあるお花屋さんです
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2015年05月20日 18:50  カテゴリ:禾穀(雑穀)

持つべきものは





まいど!

お店に宅配の荷物が届き

「はんこ、はんこ。」

ともたついていると

宅配の業者さんに

「そこの手前の引き出しの右!」

と、指図を受けている

米屋の二代目でございます。



おっかしいなあ。

いつの間に置き場所を変えたんだ?

そして私が知らないのに

なぜ宅配業者が知っている?



家族って何だ?

飛躍しすぎや!
(笑)





たまにしか荷物を受け取らない。

ってことは、

小さなことだけど、雑務は私以外の人間が

やっていてくれているって事で。

こういう小さな事を軽く捉えることが積み重なって

周りを不快にしたりするんですよね。

そんな時には魔法の言葉


「ありがとう。」


さりげなく自然に口に出せるようになりたいですね。


私のブログにお越しいただきまして

ありがとうございます。

初めて言った気がします。


さて、先日コメントを頂きました

オリジナルの15穀ブレンドにつきまして

有り難くも画像のご要望がございましたので

載せさせて頂きます。


当店では国産原料にこだわり

単品で仕入れをしてご要望に合わせて

また、私からのご提案的な

オリジナルブレンドもしています。


真空パック用の袋に入れて

脱酸素化し、100gから販売致しております。

お米を配達しているお客様との

相対での販売でしたので

特にラベルは作っていなかったのですが

時間の隙を見て

ワードでチョチョッと作ってみました。

センスと技量がイマイチ世代なので(笑)

こんなもんですかね。

ご要望には出来る範囲

でお答えしてまいりますので

何なりとお問い合わせください。
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2015年05月12日 17:08  カテゴリ:地域コミュニティーカテゴリ:禾穀(雑穀)

むらさき麦まつり




まいど!

5月9日、10日と大阪・姫路を歩き回り

翌日には筋肉痛を感じ

「おっ!まだまだ若いじゃん。」

などと思いながら湿布を貼っている内に

貼っている箇所が

筋肉部分ではなく

関節だと言うことに気付いた

米屋の2代目でございます。



関節痛か・・・。





さて、今週の土曜日に開催されます

藤川宿むらさき麦まつり


現在台風6号接近中です。

収穫期は特に倒伏しやすく

何とか穏便に通り過ぎてもらいたいと

願っております。


写真は、昨日のむらさき麦畑です。

お時間のある方は是非覗いてみて下さい。
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2015年03月06日 21:30  カテゴリ:禾穀(雑穀)

啓蟄から





まいど!

別れあれば出会いあり。

卒園、卒業、退職、異動。

入学、進学、就職、転職、起業。

お赤飯をご自宅で炊かれるご家庭が増え

とっても嬉しく感じている

米屋の二代目です。


だよねえ。

自分がしてもらってうれしい事しようよ!

やられて嫌な事やめようよ!

今年は特に強くそう思います。


さて、夏の麦秋に向けて

麦畑では新緑がすくすくと伸びていっていますね。

命の芽吹きはいつも眩しい。


写真は昨年の麦畑。

この光景を実際見たことない人には

本当の印象派の絵画は分からないと思う。

夕方の斜光に

命を謳歌している輝きある麦たち。

風にそよぐ風景を見ていると

自然と同化しそうになります。






そして、毎年楽しみにしているのが

藤川で育つ「むらさき麦」





これは「大公館」

という品種。

禾が長くてとても美しい品種。

今からとっても楽しみです。


春は落ち込んでる暇がない。
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2014年06月20日 16:17  カテゴリ:禾穀(雑穀)

日傘「そば」

そば米




まいど!

頑張っていますね!

サッカー日本代表。

俄か評論家の一人

米屋の二代目でございます。



「他人に対する評価の厳しい民族だな。」

これは日頃から感じている一般的な日本人に対する印象です。



私は静岡の旧清水市(世界遺産の一部三保の松原があります)

で生まれ、小学3年生まで過ごしました。

小学校には「少年野球チーム」は無く

「少年サッカーチーム」があり、小学校高学年の夏休みには

ブラジル合宿というものがありました。

かれこれ40年前の話です。


背の低い日本人が、チームとしてサッカーが強くなるには

もっとドリブラーが育たなくては無理。

結果だけで批評しないで

戦力分析した上で

現状に対しての正しい評価を与えてあげないと

(似非)評論家としては失格です(笑)



さて、写真はご存知「そば」


雑穀界では「そば米」なぞと呼んでおります。

そばの栄養素として大変有名なのが

「ルチン」

ルチンはポリフェノールの一種です。

ポリフェノールは、植物が自身を紫外線から守るためのもの。

UVカットってやつですかね?

活性酸素を除去するポリフェノールですが

ルチンは大変水に溶けやすいのです。

だから、「蕎麦湯」を飲むのですね。

ご飯に混ぜて炊くというのは

無駄なくそばを頂くという事です。

そばには他に

疲労回復ビタミンの「ビタミンB1」

皮膚や粘膜を保護し、肌・爪・髪の発育を促進する

「ビタミンB2」

必須アミノ酸の「リジン」も多く含まれています。



暑くなるこれからの季節に向けて

そば米入りのご飯で

基礎体力を維持して行きましょう!
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2014年06月19日 18:10  カテゴリ:禾穀(雑穀)

大豆パワー!

脱メタボブレンド




まいど!

昨年より幾分凌ぎやすい初夏の候ですが

気温が上がってくるとなるべくお米の在庫は減らしたいものです。

30Kgの玄米袋の積み替えを

60袋、100袋していると

数日後には全身筋肉痛!

まあ~夜のよく眠れること、眠れること。

娘の帰宅を待たずして寝落ちる日もある

米屋の二代目でございます。



上の写真は「脱メタボブレンド」

と題した6穀米です。

少しづつオリジナルのブレンドも紹介していきたいですね。

挽き割り大豆



さて、皆さんもご存知大豆です。

挽き割りになると、コーンにも見えますね。

大豆は「畑のお肉」と言われる通り

良質のタンパク質を豊富に含んでいます。

また、大豆の脂質には

「リーノール酸」や「αリノレン酸」等

体内で生成されない必須脂肪酸が含まれています。

リノール酸は最近よく耳にする機会が増えましたね。

血液サラサラ成分です。

また、「サポニン」という物質が小腸に働いて

体脂肪を減らす事に役立っています。

「大豆イソフラボン」の成分構成は

女性ホルモンに似ているため

体内に摂取されると女性ホルモンと同じ働きをします。

植物性女性ホルモンと言われる所以です。

女性の更年期に起こりがちな

頭痛、めまい、耳鳴り、ほてり、多汗、倦怠感、関節痛など

女性ホルモンの減少によるホルモンバランスの崩れからくる症状を

和らげてくれる働きをします。



何度も言いますが

過剰摂取はいけません!

毎日適量を末永くです。
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2014年05月22日 18:51  カテゴリ:禾穀(雑穀)

アワッ!アワッ!粟~♪




随分と写真の撮り方が様になってきたような気がする

米屋の二代目です。

今日は、時間が押しているので

前フリなしで本題に突入いたしますっ!(って、ブログだろ)



何でこんなに時間が押しているのかと言いますと

教養が無いからでございます。はい。

写真の 「粟」 

女性には嬉しい「パトテン酸」が含まれているんです。

ん?

「パトテン酸?」「パントテン酸?」

ここから旅は始まったのでありました。

結局ね、一緒なんです。

正式には「パントテン酸」と呼ぶのが正しいらしい。

「ン」一個です。

「ン」一個大事です。

「オカザえも」

「便秘か?」

ツッコミ入れたくなります。シマリマセン!


でね、もっと『ややこしや~』なのが

パントテン酸ってビタミンB5の事なんだってさ。

ついでに言うとね、栄養素成分表/栄養価っての見ると

「粟」には「ナイアシン」なるものも「パントテン酸」と同程度含まれているんです。

「ナイアシン?」

思うよね?

これ、ビタミンB3のこと。

何だか世の中もっと簡単に出来そうなきがするが

いつものように粉吹いておわりっす。


さてさて、結局前フリしましたが(笑)

ジェームス・ボンド=007

ならぬ「パントテン酸」=ビタミンB5(バイタミンって言わなきゃアカンかねえ?)

食べ物の消化に必要な酵素は体内に約140あると言われています。

その酵素が働くのに必要なのが「コエンザイムA」

パントテン酸を材料にして「コエンザイムA」は作られます。

パントテン酸は体内でエネルギーを生み出すおおもとなのです。

不足すると、肌がカサカサになったり、髪の毛がボサボサ(オレか?)になります。


もひとつ「ナイアシン」=ビタミンB3

ナイアシンは、ビタミンB1とともにアルコールの分解に密接に関わっています。

簡単に言うと

アルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解され、アセトアルデヒド脱水素酵素によって無毒化されます。

ナイアシンは、そのアセトアルデヒドやアセトアルデヒド脱水素酵素を補う酵素として働きます。



目が回ってきました。

  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2014年05月21日 16:43  カテゴリ:禾穀(雑穀)

黒米





まいど!

♪~どぉこで こぉわれたの おぉ ふれぇ~ん

「もう一度見たい!あの伝説のバンド特集」という音楽番組で

不覚にも涙がチョチョギレた米屋の二代目でございます。



音楽って不思議なタイムマシーンですね。

以前はその曲を聴いていた当時の自分を思い出すことしか出来なかったけど

最近は、その当時の思いを抱えて未来に行けるようになりました。

フッへーん

分からないでしょうね(笑)


未来の自分の中に今の自分がいる!

って事を意識するようになってから今の自分を大切に思うようになり

同じように未来の、未だ自分の知らない自分の中にも

過去の自分が生きているんだってこと。

アカン!精神異常者と思われかねん(笑)


【黒米】

ゴマみたいですよね。

ゴマよりふた回りほど大きいです。

赤米と同じく古代米のひとつです。

楊貴妃が食していたことでも有名で

中国では明の時代から薬膳料理に使われていたそうです。

黒米の色素はポリフェノールの一種

アントシアニンです。

黒米は香りが良く噛むほどに甘味が増します。

白米に比べタンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2

ビタミンE、ナイアシン、リジン、トリプトファンの他

鉄分、亜鉛、カルシウム、マグネシウム等のミネラルが

豊富に含まれています。

炊きあがりは、黒でも赤でもなく

お米とのブレンド量によって濃淡はありますが

概ね紫色です。

胃腸を丈夫にし、造血作用、滋養強壮に効果があると言われています。
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店