2018年06月13日 18:43  カテゴリ:地域コミュニティー

ビスタライン




まいど!ご無沙汰いたしております。

パソコンから投稿している私の周りを

ブンブンと飛ぶ蚊に集中を乱されまいと

放置していたら左ひじを刺されて

かゆいかゆい病に陥っている米屋でございます。


さて、表題の件につきまして

(って業務通達文か!)

なんですが・・・。

当店から数メートル東の路上に写真のピンが打ち込まれています。

岡崎市には【ビスタライン】というものが存在していて

通常は徳川家の菩提寺である『大樹寺』の山門から見える

『岡崎城』の間のラインの事で

その間の地域には高層建築物は建てられないという規制が掛かっています。


当店のある六名地域はお城よりずっと南に位置しています。

「きっと、ビスタラインの延長であることを意味しているんだな。」

程度に思っていたのですが、

先日お取引先の方から

「岡さんぽ」のネタ何か近くにありませんか?」

と聞かれ、気になっていたこの【ピン】について

岡崎市のホームページのビスタラインのページ

「お問合せ先」が書かれていたので

問い合わせてみました(表示することに何の意味があるのかも気になるしね)


市役所に電話をすることなんて滅多にないので

少し緊張(笑)していたんですが電話口に出られたNさんの対応が素晴らしかった!

折り返しの連絡先をお伝えして電話を切ったのですがすぐに返信できないとわかると

「詳しい者から電話させますので、しばらくお待ちいただけますか?」

声の柔らかさとシンクロした言葉遣いの丁寧さ。

もう一度声を聞きたくなりますしあわせ


で、「まちづくりデザイン課」のKさんから回答が来ました。

Kさんはビシッとネクタイを締めたような声で(個人的なイメージです)丁寧に答えてくれました。


要約すると、六名はビスタラインの延長線上にあり、ビスタライン内ではないのだけれど

ビスタラインの背景にあたる地域のため「建築規制対象地域」として表示しているのだそうです。

これは西尾方面にもあるそうです。



話の内容としては

「へ~」

で終わっちゃうことなんですけどね。

市役所のお二方の対応が今日の青空のようにとても爽やかで

たまにはお役人さんとお話してみるのも良いもんだ。

と思った話。

一件落着。

  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2017年08月22日 18:00  カテゴリ:地域コミュニティー

在り続けるを考える




まいど!

ダンボール箱を抱えて階段を下りていて

もう一段あると思ったら無くて

吉本新喜劇のように上手にコケル事が出来た

見習い芸人

もとい!

米屋の二代目でございます。


あれ怖いですね。

一瞬無重力を感じます(笑)

上りのパターンも怖いっす。


今日、岡崎駅に行く用事がありまして

階段を下りて見上げた空に立派なオカザえもん!

ちゃうわ!

立派な入道雲が沸き上がっていました。

久しぶりにこんなに大きな入道雲を見ました。

夕立が来ますかね?






さて、夏休みも終盤ですね。

今日は当店では珍しく、お店の前に入店待ちの車列が出来まして。

言っても3台ですけど(笑)

小さな店なので、親子3代でご来店くださると満員御礼。

それでもお待ちくださるお気持ちが嬉しいのです。


親子3代のお客様。

お孫さんを連れて英国から帰省されていて

「明日戻るからお米を持って行きたくて」

と5Kgで2種類お買い上げ下さいました。

一つは「山形猪野ファームの夢ごこち」

一つは「佐賀白石の新米コシヒカリ」

お母様も新米コシヒカリをお持ち帰りに。



小学生の男の子に店頭精米機で

玄米から白米になる様子をみてもらい

糠からぬか漬け作れることを話すと

「発酵食品は体に良いんだよね?
発酵は菌が・・・」

すごいな!

エゲレスではどんな教育受けているんだろう?

ってとても気になりました。

興味を持たせた教育しないと

こんなに咄嗟に出て来ませんよね。

タマネギ1個サービスしちゃいました。


次のお客様は親子2代。

「お母さんはここのお米を食べて大きくなったんだよ。」

小さな女の子に話しかけています。

「お米はお米屋さん。野菜は八百屋さんで買うんだよね。」

って。

自営業を続けていくのはとても難しい時代だけど

当店とちゃんと向き合ってご来店くださるお客様のためにも

もうしばらく頑張らなきゃな!って思います。



これから秋に向けて新米が続々入荷して来ます。

お米屋さんも何かと細々した作業が増えていきます。
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2017年06月14日 10:10  カテゴリ:地域コミュニティーカテゴリ:禾穀(雑穀)

【茅の輪くぐり】って知ってます?



(写真はギフト用パッケージです。包装代が別途必要になります)

まいど!

春から夏に向かう季節の中で

低温倉庫の行き来で早くもクーラー病にかかり始めている
米屋の二代目でございます。

ぼやぼやしている間に今年も六月

来週は夏至!って時期になっています。

時間に流されているつもりはないのですが

一つ一つの難関に立ち向かっていると

一日があっという間で

ひと月があっという間で

・・・完全に漂流してますやん笑顔汗


さて、来週が夏至という事は

月末は「夏越しの祓」です。

なんじゃそりゃ?って人も多いんじゃないかな?

新年の初詣以降、神社に参拝しな人も多いですからね。

夏越しの祓(なごしのはらえ)

「その年の上半期(1月~6月)の罪穢れを祓い清め、清々しくたちかえることを願う
古来から続く神事です。」
(伊賀八幡宮HPより)

毎年1年の半分を過ぎた6月30日に行われています。

(1年の罪穢れを祓い清めるのが「年越しの大祓」です)


神社に行くと「茅の輪(ちのわ)」という

茅の葉で作られた大きな輪が置かれています。

茅の輪をくぐり、夏の諸災難を防ぎ除いて、無病息災を願う神事です。
夏病み暑気祓いの、極めて伝統的な習俗です。
(伊賀八幡宮HPより)

全国で行われている習俗ですね。

茅の輪のくぐり方にも作法がありますので

説明書きを読んでからくぐってくださいね。



米屋の業界でも

「夏越しのごはん」を提案しています。

提案しているお米の種類はお米屋さんによって違います。

それぞれのお米屋さんの個性が出るので面白いです。

当店は長野県中野市産の「風さやか」をお勧めしています。




飽きの来ない、個人的にも大好きなお米です。

このお米に雑穀を混ぜ

「医食同源」の言葉通り

1年の後半を心身共に健やかに過ごせるように

食から元気にしていこう!という提案です。


数年前から始めましたが

これを機に雑穀に興味を持たれるお客様も増えました。

美味しくないと続きませんからね。

自分に合った雑穀を探してみてください。






= 岡崎市内で行われている夏越しの祓 =

伊賀八幡宮

六所神社

能見神明宮

上地八幡宮

岩津天神

御朱印帳をお忘れなくウィンク

  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2016年04月18日 17:47  カテゴリ:地域コミュニティーカテゴリ:その他

慎みながら




まいど!

精米タンクの下でしゃがんで作業していて

「終わったぁ~」

と立ち上がったところ

タンクのシャッター(仕切り)を操作する

鋼鉄の棒に後頭部を強打

泣く暇も与えられず気を失っていた

米屋の二代目でございます。



「びっくらこきんじ」でございます。

気が付いた時には30分が経過していました。


ま、気が付いて良かった。って話です。




改めまして。


平成28年熊本地震により

お亡くなりになられた方々

被害を受け、未だ治まらない地震に対して

ご心労が続いておられる方々に

謹んでお見舞いを申し上げるとともに

現地で復旧作業に従事されている

各団体、組織の方々に

感謝と激励の意を表します。

くれぐれも二次災害にはお気を付けください。



こういった大きな災害が起こると

支援!支援!支援!

と気持ちが偏りがちですが

商売していますからね。

仕事して、利益を生み出さなきゃ

支援も出来ません。

仕事中は、気持ちを切り替えて

支援する側も頑張らなきゃいけませんね。



さて、少しずつ春の色も濃くなり

気温も上がり始めてきました。

今まで、ご来店下さるお客様や

配達先のお客様とお話を続けて来て

「季節に合わせてお米を変える」

というスタイルの方も増えてきました。


ここ数日

新潟県の生産者「板垣さん」の作る

『ゆきん子舞』

を選ばれるお客様が増えてきました。

「大人の卵掛けごはん効果」もあるのかな?

ふんわり、さっぱり系のお米は

朝の一膳に絶妙に合います!

是非一度お試しください(^^)






お 米  : 新潟県村上市産 ゆきん子舞
 卵   : 岡崎 太田商店 ランニングエッグ
とりぶし :       〃   (岡崎おうはん鶏 胸肉使用)
椎茸パテ: 宮崎県美郷町 岡田商店 椎茸パテ プレーン
ダシ醤油: 岡崎 杉浦醸造所 黒大豆しょうゆ いなひめ
        (醤油瓶に昆布を添加しました)

間違いない!大人の味!  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2015年09月16日 18:03  カテゴリ:地域コミュニティーカテゴリ:その他

およばれ





まいど!

踏みつけた「ぎんなん」のにほひが

配達車に充満し

危うく【密室殺人・完全犯罪】

に遭いそうになった

米屋の二代目でございます。




近くの公園で靴底を洗い

何とか絶滅危惧を免れました。


昼に自宅に帰った時

靴下を履き替えるんですが

ネコのプリ助

余程気に入らないんでしょう

私の靴下を埋めようと

前足で砂を掛ける仕草

「早く洗濯機に入れなさい」って合図です。






さて、今日は六名小学校の

5年2組にお邪魔して

お米について少しのお時間を頂いて

お話しをさせていただいて来ました。


時間が押していたので

「つかみ」なんて言っていられない!

軽く自己紹介して

「こだわりについて」

「これからの米作りについて」

間髪入れないマシンガントーク!(笑)


キラキラの目をした子供たちだけでなく

ギラギラの目をした教育現場の先生方

約20名の前で話すって

なかなか痺れました(笑)



【お米の生産量消費量が減ってきた理由】

掘り下げると教科書や資料に載っていないことも

要因の一つだと

授業を聞いていて思ったので

その事も言い添えました。


『生活環境の変化』


これは思っている以上に大きいんじゃないかな?

体を使って働いていた頃と

PCや機械で効率よく作業をするようになった現代

腹の減り方違って当たり前ですよね?

3膳食べてたごはんが2膳に減り、1膳に減り。

1日にひとりあたり2膳ご飯食べる量が減ったら

月60膳

4人家族で240膳

約17Kg、年間204Kgのお米の消費がなくなります。

岡崎市の人口から

小学校未就学の乳幼児の数を差し引くと

約35万7千人(H26.12.1現在/岡崎市統計ポータルサイトより)

さて!

35万7千人の人が1日2膳食べる量が減ったら

どれだけの面積の田んぼが要らなくなってしまうでしょう?

因みに私が以前

自宅で量ったところによると

お米10Kgから144膳のごはんが炊き上がります。

あくまで私個人が出した数字です。

計算しやすいように140膳

1Kgで14膳として計算すると・・・。

<26年産水稲の収量>


一度考えてみて下さい。

日本の人口で考えてみるのもいいでしょう。




とても感じの良い先生と

「あぁ、小学校の授業ってこんな感じだったな」

って思わせる、良い雰囲気を持ったクラスでした。

良い体験をさせていただき

ありがとうございました。




画像は、消防団員の立場でも

信頼関係にある

学校長との約束で

「外部に出さない」

としてありますので控えさせて頂きました。

あしからず。
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2015年09月15日 22:48  カテゴリ:地域コミュニティー

教える目線を捨てて





まいど!

サッカー日本代表の長友もやってる

ってんで始めた肘立て伏せない(笑)

腕立て伏せの格好を

掌ではなく肘でして

肩から踵まで一直線に保った状態を

(長友は)30分

腹回りが締まってきたのは良いけど

皮膚は締まらない年齢になってきたショックを

受け入れる事が出来ないでいる

米屋の二代目でございます。


泣きそうです(笑)

先月からTapを6年ぶりに再会したのは良いけど

体幹がメチャクチャ

反復横跳びの要領で右へ左へ体重移動したときに

踏ん張りが利かず

フラフラしてしまいます。



そこで体幹強化!

からの皮膚余り現象

ランニングも始めなきゃアカンかな・・・





明日は六名の小学校でゲスト出演(笑)

子どもが好きなので、とても楽しみです。


特に何を、って具体的に依頼されてはいないのですけど

あまり授業内容から外れたこと言わないように

予習しました(^^)


で、ヤッパリ避けて通れないのは

東日本の震災を含めた自然の脅威と共存



写真はボロッちくなってきたけど

小田和正のカフェで買った

東北復興支援のTシャツ

大槌刺し子












思いを巡らせど巡らせど

今回の授業の「芯」とでも言いましょうか

言いたい事、分かって欲しい事は



「こだわり」も

「これからの日本の農業」も

選択するのは消費者だと言う事。




米屋や生産者は

選択肢を与え、情報を提供する程度の事しか出来ない。



いくらカッコイイ事言ったって

いくら理想論唱えたところで

支持してくれる購買層を育てなければ

日本の農業は今の延長線上にしか存在しない


子どもたちにそれをどう伝えよう

自然の近くにいる内に

草や花と目線の近いうちに

どれだけの事を伝えられるだろう?

そればかり考えている



畔に咲く蛇いちごの花や赤い実

蓮華の花の蜜の味と西瓜に似た香りの葉の匂い

稲刈り後のお日様の香りがする藁

もみ殻で焼いた芋の旨さ





「面倒くさい!面倒くさい!」

を繰り返したら

ホッコリした時間を

子どもたちに与えてあげる事すら出来ない大人になっていた・・・・





来週は中学の同窓会

他のクラスに見つからないように

教室を抜け出て

砂浜で焼き芋をし

合唱コンクールで優勝した

「いい日旅立ち」

を海に向かって歌った

クラスメイトと担任の先生に

会ってきます




週休二日になったのに

経験が貧しくなっていないか?

誰かが与えてくれなきゃ

自然とすら仲良くなれない子どもが

本当に子どもなのか?

そもそも大人がそこを通っていないのか?





明日の授業は

かなり脱線しそうな・・・(笑)




・・・追伸

ブログを描き始めて20か月

アクセス2万を越えました

ワーイ!

ありがとうございます。

これからも、よろしくお願いいたします
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2015年07月17日 19:41  カテゴリ:地域コミュニティーカテゴリ:その他

How old are you?






まいど!

ご年配のお宅に配達に行ったら

「うちの孫と一緒にならんか?」

と言われ

余りに多い返答の選択肢に

シドロモドロした

米屋の二代目でございます



冗談だと

頭ごなしに決めつけて

話している内に

あれ?

となってから

こういう話は茶化してはいけないんだと

勉強させられました


でも

うちの娘より年下

冗談だって思いますよね?



それより何より






困ります

(笑)





「好きな人でもおるのか?」と聞かれ


「ポッ!」


「ポッ!」ちゃうわ!


「ポッ!」としてる場合か!



私、お孫さんにフットベースボール

教えていたんです。

黄色い帽子被って

ランドセル背負っていたころ



途中からお嫁さんが出て来てくれて

安心、安心と思いきや

「私もお米屋さんなら安心」

って・・・

きっと

どこかに隠しカメラがあって


「ドッキリ!」

の看板を持った誰かが



・・・誰かが



・・・誰か~


Help me!




20年来のお付き合いのお客様

きっと

初めてお会いした時から

私のイメージが変わっていないのでしょう


それだけ長くお付き合い頂いていることの

有り難さを感じると

自然に笑顔になります





あ!

ホッペつねるの忘れた


  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2015年06月10日 21:30  カテゴリ:地域コミュニティーカテゴリ:その他

お別れと感謝と息を抜く事

今日は前消防団長のお母様のお通夜でした。

お通夜会場の近くには

「ほたるばし」

という、市内を走る国道1号線の

渋滞ポイントでもある橋があります。

ホタルの舞う季節。



何の宗派にせよ

私はお坊さんの読経が好きです。

ナニ言ってんのか全く分からないので

目を閉じて音として

聴き入ります。



すると不思議な事に

だんだん雅楽に聞こえてくるんです。

「笙」の音色に。



チョッと調べてみたら

笙って羽根を休めた鳳凰の形に見えることから

「鳳笙」とも呼ばれているらしいです。

笙の音色は

『天から差し込む光』

を表わすといわれ

全体を包み込むような

広がりを感じさせる音色が

特徴とされています。



あながち間違ってはいないみたい。





その後、ご焼香の前に

和尚さまから講話がありました。


「お通夜とは何ぞや?」

「数多ある命の中で【儀式】をするのは人間だけ」

「儀式とは何ぞや?」

・・・。


人が人として暮らしていく中で

「これは大事だよね」

「これは伝えて行かなくてはいけないよね」

というのが儀式。

疎かにしてはいけないもの。

といったお話しでした。



私は以前から

「死を考えることは生を考える事」

だと考えています。

あの人は、こんな事言っていたよね。

あんな顔で笑ったよね。

あの人のああいう所が嫌だったね。

自分はそうならないように気を付けよう。


個人を偲ぶって自らを省みる事でもあったりします。



帰路、ほたるばしを渡る時

頭の中で

私の好きなアーティスト

牧原敬之さんの中でも好きな歌

「Fire Fly ~だから僕はいきてゆく~」

が流れていました。

前団長と出会えたご縁は

前団長のご先祖と私のご先祖が居たからで

遡って出会いを考えていくと

現代で私がいろんな方々と

出会えていることは

実はものすごい奇跡なんだと感じた

初夏のお通夜でした。



誰かを導く

ホタルの光のような存在。

憧れます。


でも、たまには息抜いて

生きるのも大切ですね。
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2015年05月29日 18:21  カテゴリ:地域コミュニティー

いよいよ岡崎振興券受付始まりますよ!





まいど!

低温倉庫で半袖で玄米の
積み替え作業をしているとき、

突然「鼻提灯」が出来て

何故かそれがツボに入り

30分ほど笑いが止まらず、

腸ねん転になりかけた

米屋の2代目でございます。



五月も残すところ2日。

殆どの田んぼで田植えが終わり

棚田を中心に

各種イベントが組まれています。

明日は岐阜の棚田

棚田を提灯やロウソクで

彩るイベントが予定されています。

こういう日本の原風景を

とっても大事に感じます。


水を張った田んぼの畦(あぜ)ってね

とっても崩れやすかったりするんです。


写真を撮られる方は

農家の方にひとこと

許可をいただくことはもちろん

夢中になって畦を崩したりする事の無いよう

細心の注意をしてください。



居るんですよ時々

メッチャ熱い

勘違いカメラマンが。


私も写真を撮るのは好きですが

周りのみんなが気分良く

同じ時、同じ風景を共有できるように

心掛けています。




さてさて!

6月1日月曜日から

いよいよ

「岡崎振興券」

の申し込みの受け付けが始まります。

注意事項もありますので

商工会議所のHPを

一度ご覧になることをお勧めいたします。


HPはこちら→【岡崎商工会議所】


当店も取扱店の登録を済ませてあります。

12月31日までの使用期限ですので

年末のお餅にもお使いいただけます。

発行枚数、購入枚数に制限がありますが

とてもメリットの大きい振興券ですので

申込みをされることを

お勧めいたします。
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2015年05月12日 17:08  カテゴリ:地域コミュニティーカテゴリ:禾穀(雑穀)

むらさき麦まつり




まいど!

5月9日、10日と大阪・姫路を歩き回り

翌日には筋肉痛を感じ

「おっ!まだまだ若いじゃん。」

などと思いながら湿布を貼っている内に

貼っている箇所が

筋肉部分ではなく

関節だと言うことに気付いた

米屋の2代目でございます。



関節痛か・・・。





さて、今週の土曜日に開催されます

藤川宿むらさき麦まつり


現在台風6号接近中です。

収穫期は特に倒伏しやすく

何とか穏便に通り過ぎてもらいたいと

願っております。


写真は、昨日のむらさき麦畑です。

お時間のある方は是非覗いてみて下さい。
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店