ブーログ › 三河・岡崎 配達するお米マイスターブログ - 六名米穀店

2018年09月13日 12:00  カテゴリ:お米のことカテゴリ:その他

続・続・隠岐の島潜入ルポ




ジジイの朝は早い!
と言っても昨夜の宴の後なので
6時を少し回ったところのホテルの部屋から見える西郷港。

雨です、今日も。

でも朝からワクワクしています。

9時に迎えに来て下さるとの事で
7時の朝食を済ませ港へ行ってみた。



まるで、駅の送迎レーンのように車が横付けされ
フェリーに乗り込んでいく人たち。
普通のことなんだよね。

9時。チェックを済ませたところに
昨日の二人が迎えにきてくださいました。

もう好きにしてハート
の、お任せ状態です。

沢山回って下さった中から抜粋して

「杉」を。
有名な3本の杉。
帰宅してから写真を見て、あることに気づいたんです。
すべての杉がジブリ作品に描かれているような。
なんかね。
そう思えるのが不思議なんです。


隠岐の島町には樹齢800年や1,000年を超す
杉の巨木があります。


①「玉若酢命神社」の『八百杉』

国の天然記念物に指定されています。


大きい!
少し引いてみると、トトロに出てくる
めいとさつきが、傘を持って
「芽が出ろ!芽が出ろ!」
と踊った後に育った大きな木に見えませんか?


目をつぶって耳を澄ますと
木のテッペンでトトロが吹くオカリナの音が聴こえて来そうです。

②かぶら杉
樹齢600年と伝わる根本付近から6本の幹に分かれている巨木。
雨がひどかったので車内からの撮影でしたが
なぜか木にピンスポがあたっているいるように見えます。

そして、この木が何に見えたのか。
そう、天空の城を守っていた「ロボット兵」
見えないですか?
天空の城から落ちてきた姿に。



③岩倉の乳房杉(ちちすぎ)
樹齢は800年と言われています。
主幹は15本に分岐し、その分岐した部分から
大小24個の乳房状の根が垂れ下がっています。

私には乳房というよりも牛の頭に見えます。
そして、この木を含めた回りの雰囲気が
もののけ姫の「シシ神の森」に見えます。
そう思うと牛の頭に見えていたところが
「ヤックル」にも見える。
今もどこかで「サン」が生きているような深い森。



因みに、隠岐の島には熊、猿、鹿、猪などの野生動物はいないので
田畑の害獣被害はほとんど無いそうです。

まだまだ見せたい隠岐がありますので
この先は、またの機会にウィンク
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2018年09月12日 19:05  カテゴリ:お米のことカテゴリ:その他

続・隠岐の島潜入ルポ




隠岐の山々は人々を拒むかのように深く
降り注いだ雨は一気に海へ流れるため
険しい谷を作り上げている。
人の手が入らないゆえに緑濃く
木々の一本一本が大きい。
神々の住まう山である。


宿泊先に予約を入れて頂いたホテル。
「隠岐ビューポートホテル」
西郷港のフェリー乗り場と直結しているので
フェリーから下道を通らずにチェックインできる。

という事を翌朝の散歩で知った。
飛行機で来たからね。

晩御飯をホテル近くのお店で頂きました。
同席者の職員さんの許可を取っていないので
画像は割愛させて頂きます。
のどぐろの刺身を初めて食べました。
私はご飯が無いと落ち着かない質でして
「いきなり?」
という周りの声を無視して頼んだのが
「あかもく雑炊」
ネバネバ系の赤い海藻。
もずくより細いです。

程よくおなかが落ち着いたところで
「次行きますよ」
と案内されたのが
「ザ・アジト」的な会場汗




ありのままの地元の中にいきなり投入されるって。
嬉しくなりますね。
変な壺でも買わされそうな雰囲気は一切ないし(笑)

いろいろ解説したいけど
長くなるので
どんな事があったかは
画像からご想像ください笑える

気が付けばシンデレラタイム。
話は尽きず、名残惜しいのですが
お開きとなりました。

=つづく=
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2018年09月11日 17:28  カテゴリ:お米のことカテゴリ:地域コミュニティーカテゴリ:その他

隠岐の島潜入ルポ




音符夜空を~ただ さまようだけ~
星屑の間を揺れながら
二人の~夢 憧れを
いつまでも ずっと 思い出に~

まいど!
最近、玉置浩二と杉山清貴の曲が
妙にしっくり来ている米屋の二代目でございます。
(この曲は玉置浩二と井上陽水のデュエット曲ですね。)


お米の生育期に雨が降らず、収穫期に雨と地震。
少しネガティブな心持ちになっていたのですが
4ヵ月前から予定していたことなので
行ってきました。
「隠岐の島」 

隠岐の島とひとくくりで呼ばれていますが
四つの島の総称です。

その中の一つ。
当店で取り扱いのあるお米の産地。
「島の香り 隠岐厳選藻塩米 ジオ」
を作っている島。
島後(どうご)と呼ばれている、隠岐の島町を訪ねました。




岡崎から名古屋⇒新大阪⇒大阪空港⇒隠岐世界ジオパーク空港。
名古屋を10時の新幹線で出て、隠岐に14時半くらいに到着。




到着した機内からも分かる。
小雨ムーチョの中を傘もささず
北海道のJA新すながわ特製「ゆめぴりかTシャツ」を着た人。
機内でひとりニソニソ顔になってしまう。

今回産地の案内をしてくださったのは
JAしまね 隠岐地区本部 経済部部長 広兼さんと
藻塩米の生産者 村上さん。
久し振りにお会いしたという気が全くしない。

早速その足で圃場へ直行です。



あいにくの雨、そして雨、雨、雨。
刈り取りの稲わらの香りも期待していたのですが
雨天は雨天で刈られる前の「コシヒカリ」稲穂が妙にしお(塩)らしく見えて(笑)




近くには「きぬむすめ」の圃場。
こちらはもう少し先ですね。

その後乾燥施設や低温倉庫などを見せて頂き
チェックインをしに一旦ホテルへ。

=つづく=

  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2018年06月13日 18:43  カテゴリ:地域コミュニティー

ビスタライン




まいど!ご無沙汰いたしております。

パソコンから投稿している私の周りを

ブンブンと飛ぶ蚊に集中を乱されまいと

放置していたら左ひじを刺されて

かゆいかゆい病に陥っている米屋でございます。


さて、表題の件につきまして

(って業務通達文か!)

なんですが・・・。

当店から数メートル東の路上に写真のピンが打ち込まれています。

岡崎市には【ビスタライン】というものが存在していて

通常は徳川家の菩提寺である『大樹寺』の山門から見える

『岡崎城』の間のラインの事で

その間の地域には高層建築物は建てられないという規制が掛かっています。


当店のある六名地域はお城よりずっと南に位置しています。

「きっと、ビスタラインの延長であることを意味しているんだな。」

程度に思っていたのですが、

先日お取引先の方から

「岡さんぽ」のネタ何か近くにありませんか?」

と聞かれ、気になっていたこの【ピン】について

岡崎市のホームページのビスタラインのページ

「お問合せ先」が書かれていたので

問い合わせてみました(表示することに何の意味があるのかも気になるしね)


市役所に電話をすることなんて滅多にないので

少し緊張(笑)していたんですが電話口に出られたNさんの対応が素晴らしかった!

折り返しの連絡先をお伝えして電話を切ったのですがすぐに返信できないとわかると

「詳しい者から電話させますので、しばらくお待ちいただけますか?」

声の柔らかさとシンクロした言葉遣いの丁寧さ。

もう一度声を聞きたくなりますしあわせ


で、「まちづくりデザイン課」のKさんから回答が来ました。

Kさんはビシッとネクタイを締めたような声で(個人的なイメージです)丁寧に答えてくれました。


要約すると、六名はビスタラインの延長線上にあり、ビスタライン内ではないのだけれど

ビスタラインの背景にあたる地域のため「建築規制対象地域」として表示しているのだそうです。

これは西尾方面にもあるそうです。



話の内容としては

「へ~」

で終わっちゃうことなんですけどね。

市役所のお二方の対応が今日の青空のようにとても爽やかで

たまにはお役人さんとお話してみるのも良いもんだ。

と思った話。

一件落着。

  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2018年03月21日 17:56  カテゴリ:お米のこと

お米屋さんと農家さん





まいど!

ここ2週間ほど頭痛の取れない米屋の二代目でございます。

薬はね。

なるべくなら体に入れたくないのですが

頭痛だけは怖いし「痛みが慢性化するよ」とも言われたので

お薬だけは処方してもらってきました。



さて、ご無沙汰しておりました。

すっかり忘れられていると思っていました。

自分のブログを開いた本人ですらそう思っていたのですが

昨日でも4人の方が覗きに来てくださっている。

マニアがいらっしゃるんですね(笑)

ありがたいじゃありませんか。


で、今日はまたなにゆえに?



先日、新潟からお取引のあるお米の専業農家さんが岡崎までお越しくださいまして

スマホで簡単に写真を撮ったのですが

放置しておくにはもったいなくて

久々に投稿します。







とにかく明るい安村並みに明るい生産者さん。

お会いする度に元気を注入してもらっています。


十三代目の専業農家さんですからね

お米に対する思いは半端なくて

年齢関係なく先生として学ばせてもらっています。

ちょうどトラックで玄米が入荷したので

荷下ろしまで手伝ってくれて

でもタダでは仕事しない(笑)

いや、金銭的なものではなく

下ろしていくお米(特別栽培米)のガイドライン表示を

ひとつひとつ見ては反応していくんです。

目の前にあるもの全てを教材にしてしまうんですね。

勉強意識が高くて感心します。

そしてガイドラインに書かれている農薬について

ひとつひとつ教えて下さる。



この日は岡崎泊だったので

軽く盃を交わしながら

米の事だけ語り合いました。

一般の人には理解不能でしょうね(笑)

そんなに何を話すことあるんだ?って。

現在・過去・ミライ

ポジティブに考えるといろんなこと思うんです。


そしてお互いの事を分かり合って信頼感が生まれ・・・。

って、恋人か!

「新潟岩船産コシヒカリ」と「ゆきん子舞」

今後とも宜しくお願い致します。

  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2017年11月18日 18:17  カテゴリ:お米のことカテゴリ:その他

TOKYO HARVEST ②





ばたばたしてすんません汗

前回、投稿してつづく状態にしていたと思ったのですが
下書き保存で終わっていました。
「しっかりしろ、自分!」

って訳で続きです。

思い立って出掛けた割には収穫が多く
以前お米マイスター会議や、岡崎でお会いした
(一社)日本健康食育協会 代表理事の柏原ゆきよ先生と遭遇。

世界チャンピオンの木村悠選手とのトークショーを拝聴出来、
知り合いの生産者さんを紹介させて頂きました。

記念に木村選手と、隠岐の産地の部長とパチリ




めっちゃ目が垂れてます。
世界チャンピオンと一緒に写真に納まるなんて
後にも先にも無いでしょうから嬉しかったです。

ここでお会いできたのは
「島の香り 隠岐藻塩米」の産地のH部長さんと
この時不慮の体調不良で個室に立てこもっていた
お米の生産者M上君。

それと、福島と言えばこのご夫婦




「天のつぶ」を送って頂いているカトウファームのおふたり。

そして、その仲間たちがとっても愉快でまじめ。
いろんな農産物を作っている農家さんや漁師さん。
漁師って魚だけ「獲ったど~!」している訳ではないんですね。

異業種との交流大好きなので楽しみながら勉強させて頂きました。

写真には無いんですけど
南相馬市の田林信哉副市長さんも紹介して頂きました。
写真をアップ出来ないのが悔やまれるくらい
若くてイケメンのナイスガイ。
それだけで南相馬の将来が明るく見えました。

楽しみ過ぎて写真を撮っている時間も勿体ない。
久し振りにそんな感じになれました。

季節は確実に冬に向かっています。
帰りにはけやき坂のイルミネーションが見送ってくれました。





寒い中、隣でお酒飲んで頂いたH部長、M上君。
催事(祭事?)出店されていたので、どこまで話し込んで良いのか分からず
ちょっと物足りない感じでお別れしてしまった加藤ご夫妻。

楽しい時間を、ありがとうございました。

またどこかでお会いしましょうハートウィンク
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2017年11月18日 17:38  カテゴリ:その他

TOKYO HARVEST




まいど!ドタバタの毎日を楽しんでいる米屋の二代目でございます。

先日の日曜日も前日になって妹の来岡がキャンセルになったので

日曜の朝、「おら、東京さ行ってくっぞ」と出かけて来ました。

行先はここ




六本木ヒルズ。

そこで開催されていた「東京ハーベスト」というイベントに

お付き合いのある福島の農家さんが出店されていると聞いて。

現着して、まずは取り急ぎ




ビールだけじゃすまないんだけどね。。

焼酎や日本酒もあって、飲み放題!有料のね(笑)

だしの勉強の端っこかじった者には興味深い全国のローソンおでん出汁の飲み比べ




つづく
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2017年09月05日 17:57  カテゴリ:お米のこと

持ち込み精米について






まいど!

稔り始めたバケツ稲の黒米を

一粒脱穀してみたら、これがまたビミョ~に旨そうだったので

口に入れて噛み潰してみたら

その味わいに思わずカメムシになりそうになった

米屋の二代目でございます。


有機無農薬でも、稲は稲なりに自己防衛しているんですね。

〇ソまずい!

人間も熟してからが良い味出すってもんです。

はい。



さてさて。

早場米の産地から徐々に平場の早生品種の収穫が移って来て

この時期に増えるのが「賃搗き」

農家さんが新米を入れる場所を作るために

今まで保管していたお米を民間に払い下げ(笑)

玄米で保管しているので、買ったり頂いたりした方

(大概日頃お付き合いの無い方ですね)が

「精米してください」

と来店されます。

日頃お付き合いのあるお客様でしたらお時間を頂いて仕上げるのですが、

初見の方は原則お断りして、コイン精米機へ行って頂いています。

「冷てえなあ!」

そうです、冷たいです。

それには訳があります。





出荷元の品位基準にもよりますが

一般的な30Kgの玄米袋で流通しているお米

玄米の中には異物が多少含まれています。

米屋は仕入れて精米して売っているだけではないんです。

異物の多くは小石であったり、中には





金属片であったり。

これ、この状態で一般の方が買われたらどうですか?

米屋でも除去機器通してから玄米を店頭に並べています。

仕入れて封開けて並べてあるんじゃないんです。



若かりし頃・・・。

これらをそのまま精米機に投入し

精米機の網を破いてしまったことがあります。

数百円の手間賃に数千円×2枚の出費。

おまけに、引き取りに見えた時

「これを精米した時に出た糠を出して」

「色彩選別機で除去したお米もください」
(一番上の写真)




二度選別掛けてシラタ(白濁したお米)も抜いたのでそれもお渡し致しました。


ほぼ一人で作業しているので、他の仕事が出来ず

以降はお断りしています。


大人になってからの勉強はなかなか高額なのであります。
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2017年08月22日 18:00  カテゴリ:お米のことカテゴリ:地域コミュニティー

在り続けるを考える




まいど!

ダンボール箱を抱えて階段を下りていて

もう一段あると思ったら無くて

吉本新喜劇のように上手にコケル事が出来た

見習い芸人

もとい!

米屋の二代目でございます。


あれ怖いですね。

一瞬無重力を感じます(笑)

上りのパターンも怖いっす。


今日、岡崎駅に行く用事がありまして

階段を下りて見上げた空に立派なオカザえもん!

ちゃうわ!

立派な入道雲が沸き上がっていました。

久しぶりにこんなに大きな入道雲を見ました。

夕立が来ますかね?






さて、夏休みも終盤ですね。

今日は当店では珍しく、お店の前に入店待ちの車列が出来まして。

言っても3台ですけど(笑)

小さな店なので、親子3代でご来店くださると満員御礼。

それでもお待ちくださるお気持ちが嬉しいのです。


親子3代のお客様。

お孫さんを連れて英国から帰省されていて

「明日戻るからお米を持って行きたくて」

と5Kgで2種類お買い上げ下さいました。

一つは「山形猪野ファームの夢ごこち」

一つは「佐賀白石の新米コシヒカリ」

お母様も新米コシヒカリをお持ち帰りに。



小学生の男の子に店頭精米機で

玄米から白米になる様子をみてもらい

糠からぬか漬け作れることを話すと

「発酵食品は体に良いんだよね?
発酵は菌が・・・」

すごいな!

エゲレスではどんな教育受けているんだろう?

ってとても気になりました。

興味を持たせた教育しないと

こんなに咄嗟に出て来ませんよね。

タマネギ1個サービスしちゃいました。


次のお客様は親子2代。

「お母さんはここのお米を食べて大きくなったんだよ。」

小さな女の子に話しかけています。

「お米はお米屋さん。野菜は八百屋さんで買うんだよね。」

って。

自営業を続けていくのはとても難しい時代だけど

当店とちゃんと向き合ってご来店くださるお客様のためにも

もうしばらく頑張らなきゃな!って思います。



これから秋に向けて新米が続々入荷して来ます。

お米屋さんも何かと細々した作業が増えていきます。
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店

2017年07月19日 17:32  カテゴリ:その他

思ってたんとちがう





まいど!

朝から風の匂いが変わったな

と思っていたら

梅雨明け(したとみられる)宣言が発表されましたね。

なかなかの野生児

米屋の二代目でございます。


さて、お店の隣の駐車場のネットに

つる性植物の「トケイソウ」が毎年花を着けます。

毎年花が終わるとバッサリ刈ってしまっていたのですが

昨年トケイソウの果実は

「パッションフルーツ」なるものと知り

今年はどこまでいけるか

刈り込みを遅らせてみようと思っています。


でね

「パッションフルーツ」がどんなものか

画像検索してみました。




あまり・・・

どうなんですか?・・・

旨いんすかね?って絵面

花も葉もうちのとちぃと違う気がする。

やっぱりうちのは

リトルショップ・オブ・ホラーズの

オードリーⅡかも。
  


Posted by 配達する米屋 六名米穀店